大手消費者金融と闇金

大手消費者金融と闇金

大手と呼ばれる消費者金融があります。また、キャッシング業者やカードローン、そして、銀行系カードローンにも大手と呼ばれている企業はあります。
同様に、アイフルも大手と呼ばれる企業でしょう。大手だけに利用者も多く、それだけの人気もあるはずです。街中でアイフルの看板を目にした事がある人も多くいるので、ATMや自動契約機も見掛けた事がある人も少なくないのではないでしょうか。このような利便性が人気の背景とも言えるのです。
一方で、闇金と言われる業者も未だになくなりません。広告や看板を出さなくても、闇金は生き残る術を持っているのです。例えば、DMを送り付けたりするのも、その一つです。それは、闇金が様々な手法を用いて、以前に闇金を利用した事がある人や自己破産に追い込まれた人などのリストを入手しているからです。それを基にして接触を図って来るのです。勿論、闇金が悪質なのは言うまでもありませんが、誘惑に駆られる方も気を抜き過ぎていると言えなくもないのです。
このような闇金と大手と呼ばれるモビットやアイフルでは何が違うのでしょうか。
それは法律を遵守しているか否かと言う点です。闇金には遵法精神と言う物はなく、儲ける事が最優先されています。つまり、相手を脅す事も辞さないため、要求された高額な金利を支払ってしまったり、追い詰められたりするのです。当然、これは違法行為に相当します。警察へ届け出れば、被害届が受理されて捜査してもらえるでしょう。他にも、自治体や国に届け出る事でも、相談用の窓口が設置されているので対策を取ってもらえます。
以前は、アイフルのような大手であっても、法律を遵守していたとは言い難い面があった事は否めません。しかし、それは過去の一時的な話であり、現在では遵法精神に基づいて業務を行っています。また、法律違反があれば行政指導と言う結果を招く事になり、場合によっては、検挙される事もあります。そのため、アイフルや他の大手キャッシング業者やカードローン会社は法律を遵守するのです。
闇金との違いを判別するには、簡単な所では看板の有無と言う事があります。大きな看板にアイフルなどと書かれていれば、誰にでも分かるでしょう。こちらから連絡してもいないのに、どこかで仕入れた情報で接触を図って来るような業者を信用してはいけません。その事さえ知っていれば、怪しい業者に借りる前に気付けるのではないでしょうか。