サラリーマンの借入可能額

サラリーマンの借入可能額

金融機関が展開する不動産投資ローンを利用するサラリーマンが増加しています。
その理由としては、金融機関による管理システム及びサポート体制の整備が行われた事が考えられるでしょう。これは金融機関がリスクマネジメントする事により、土地を持っていなくても不動産投資を行え、入居募集や原状復帰などの手間もなくなった事を示しています。つまり、利用者に取っては投資を不安なく行える環境が整ったからだと言えるのです。
では、この場合にサラリーマンが融資を必要とすれば、どの程度の融資を受ける事ができるのでしょうか。
一般的には頭金として20%を準備して、残りは借入と言う形にします。担保は不動産資産とするのが普通でしょう。
不動産で投資すると言っても種類は様々です。築年数や立地条件は言うに及ばず、ワンルームから1棟全てに至るまで、事細かにその資産価値は変わると言っても過言ではありません。ですが、返済に必要な金銭は不動産の家賃収入で賄えます。また、前述条件以外にも、連帯保証人の有無などでも借入可能額には幅が生まれます。以上から、借入可能額は年収に対して10倍から20倍程度になるでしょう。計画性を持って頭金を収めておけば、返済が無理な額になる事はありません。
不動産の場合は長い年月を掛けてローンを支払う必要があります。30年以上と言う事もあるでしょう。ですが、家賃収入で返済額を賄える点、返済終了後には家賃収入を自身の収入に転換できる点を考えると、堅実な投資でもあります。ただし、仕事を辞めてしまうのは、家賃収入が見込めなくなった時には困るので勧められません。しっかりとした計画を持って、投資を進める事が重要と言えるのです。